Skip to content

保育施設の建築で必要な敷地の知識

保育施設を建築する場合は敷地を選ぶ必要があります。

全ての土地に保育施設が建築できるわけではなく、敷地に関する一定の知識が必要です。都市部は一般的に都市計画法による都市計画区域が設定されているのが一般的です。

都市計画区域は市街化区域と市街化調整区域に分かれており、一般の建物が建築できるのは市街化区域です。市街化区域は用途区域が設定されていて、保育施設が可能な用途地域から敷地を選ぶ必要があります。

用途地域は住居系・商業系・工業系に分かれています。建築に問題があるのは工業地域と工業専用地域で、他の地域であれば建てることが可能です。住居系は住居に適した環境が整備されている地域です。

その中でも第1種住居専用地域は低層の住居に適した地域で、保育施設にも適しています。それ以外の地域でも周辺環境が良好であれば問題はありません。保育施設の建築は立地条件と周辺環境が問題となります。

立地条件の中でも交通の利便性は重要です。最寄り駅からの距離や道路網の整備など、立地条件は敷地の選定に欠かせない要件となります。

児童の送迎にはクルマが利用されることが想定される場合は、クルマでのアクセスが容易な環境が望まれます。特に駐車スペースは十分な広さが必要です。周辺環境は児童の健全な発育に必要です。

散歩が安全にできる周辺環境が整備されているかどうかをチェックすることが大切です。地震に安全な地盤の強度や洪水に遭いにくい立地かどうかも検討する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です