Skip to content

保育施設の建築実現へ

待機児童の問題がある昨今、もっと多くの保育施設を建築すればいいのではないかと考える人も多いでしょう。

しかし、簡単にはできないのが現実です。なぜ、できないのか、そこにはさまざまな原因が考えられます。まずは場所の問題です。小さな施設だとしても一日過ごせる建物に、遊ぶスペースの確保など広い土地が必要になります。

そして、子供が集まるので騒音の問題も大きいです。笑い声や泣き声などが終始聞こえてくるため、周辺の住民の皆さんの理解が必要になってきます。そして、安全面です。

あまりに交通量が多い付近や、反対に人が全然通らないような場所ではあまりよくありません。従来型の保育施設の建築が難しくなってきている一方で、新たな施設もできてきています。会社内に保育施設が併設されていたり、マンションで数名の児童を預かるという施設もあります。

一日預かってもらうことは難しいですが、数時間なら見ていてくれる託児ルームなどを設置しているショッピングセンターなども徐々に見かけるようになってきました。共働きの世帯が増えてきた今、自分が勤める会社に併設されていればとても助かります。

しかし、まだ数が少ないことも事実です。なので、お子さんを預けたいと考えている方は早めに対策していくことが必要です。

自分の家の近くにどういった施設があるのか、どのような入園条件があるのかなど早めに調べましょう。また、これから保育施設の建築は徐々に従来のものとは変わっていくと考えられるので、新しい情報を見逃さないように日々リサーチすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です