Skip to content

建築で保育施設の問題を解決する

様々な課題が山積みになっているのが保育業界です。

日本という国家が健全に成り立つためには、人口構成のバランスが上を高齢者として正三角形になっていなければいけません。しかし、少子高齢化の流れはなかなか解決できず、若い人たちへの負担がますます大きくなっているのが現状です。

高齢者を支えるための社会福祉のしわ寄せが若い人たちへ行き過ぎると、子供を育てることができなくなってしまいます。共働きが必要になり、家で面倒を見る人がいなくなってしまうわけです。

このような事情から、保育施設の増設が必要になるのですが、建物ばかりを増やしても保育士の数が足らなければ運営していくことができません。待機児童の問題は保育施設の数だけでなく、保育士の人手不足も深く関係しているわけです。

このような問題を改善していくためのひとつの手段として、保育施設の建築にこだわるという方法があります。たとえば、保育士の目の行き届かないような箇所が多い施設になると、それだけ子供たちにとって危険性が増してしまいます。

日当たりが悪かったり、騒音が近隣に響きやすい建物でも、それらの不便を解決するために人手が必要になるわけです。

つまり、建築に工夫を凝らすことで保育士が働きやすく、子供たちにとっても過ごしやすい保育施設ができることになります。

大人よりも身体の弱い子供たちを相手にし、その命を預かる施設になるので、あらゆるリスクを回避できる建築を心がける必要があるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です