Skip to content

保育施設の建築にかかるデザインについて

保育施設の建築に当たっては、建築基準法などの法令を遵守することに加えて、預かる児童やご両親、そして周辺住民の方々などへの幅広い配慮が必要になります。

2017年には保育施設の運営について周辺住民からの反対運動が起こり、建築が中止されたというニュースが話題となりました。主に子供たちが遊びまわることで騒音問題が発生することが周辺住民の生活を脅かすものだと捉えられたようです。

静かな暮らしを想定して住宅を購入した方もいらっしゃいますので、周辺の環境の変化に対して敏感になられる方も数多くいらっしゃいます。今後は騒音対策にも十分に配慮した施設であることが求められます。

また、保育施設へと毎日通う児童たちのことも十分に配慮したデザインが行われる必要があります。一般的には、あまり強烈な印象のある色ではなく、パステルカラーなどを主体としたものが数多く採用されています。

そして、児童の背の高さに合わせた目線から、突起物などの大きな事故に繋がりかねない危険物を排除するデザインが求められます。

周辺住民らと同じく、児童のご両親からの要望も強まっている昨今ですので、すべての関係者に配慮したデザインを行うことは非常に難しい時代となっていますが、保育施設の建築そのものが保育サービスの一環であるとの認識に立ち、デザインを行う必要があります。

建築が全て完了した後での改築作業は、予想外に大きな出費を生むことになりますので事前に十分な準備を行うことを心掛けてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です