Skip to content

保育施設の建築方法について

保育施設の建設方法について知っておくと、今後の建築に非常に役に立ちます。

どういうことかというと、保育施設は特殊な建物だからです。一般的なビルであれば、地震に強い建物である必要があったり、人の導線を考える必要があります。

保育施設は、子供たちが使う施設ですから子供たちが快適に暮らせなければなりません。したがって、子供の発想で建物を建築していきます。この考え方がとても大切です。大人の独りよがりでつくってしまうと、子供の笑顔を見ることができなくなってしまいます。

つまり、子供がこれから楽しめるようにするという気持ちを持った会社に依頼することが重要なのです。建築は想像する力が求められます。子供になった気持ちでどういう建物がいいのかを考えてみてください。

たくさん走れる建物ならば、元気よく育つことができます。たくさんの子供たちと過ごす施設なのであれば、友達をつくることができるでしょう。このように、建物のデザインによって保育施設のレベルが変わってくるのです。

建築会社を選ぶときには、子供に対してどのような思いをもっているのかを確認するようにしてください。コミュニケーションを通じて、子供に対する考え方を聞いてみるのです。このやり方をしていけば、よりよい保育施設をつくることができます。

決して、ただ単純に建物をつくればいいというわえではありません。そのことが保育園をつくる楽しさであり、難しさでもあるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です