電子定款を作成するために

電子定款を作成するためには、広く一般的に使われているものの他にいくつかの準備が必要です。

これらの準備が困難なようであれば電子定款を作成する代わりに紙の定款とすることを考えたほうが良いかもしれません。ただ、全てを自前で用意しなければならないという訳ではなく、既に持っている人に使わせてもらうということができるものもありますから、電子定款作成の専門家にまずは相談してみるのが良いかもしれません。必ず自前で用意しなければならないものは、電子署名データです。これは印鑑に相当するものであり、他の人から借りることができるような性質のものではありません。

具体的には、マイナンバーカードに埋め込まれているICチップに必要なデータを入れてもらうという形式を取ります。最寄りの市役所などに相談するのが良いでしょう。マイナンバーカードをまだ持っていないという人はまずカードの発行から行うことになります。このほか、マイナンバーカード内の電子署名データを読み込むためのカードリーダーが必要になります。

これはパソコンサプライ機器を取り扱っているようなお店で入手することができるでしょう。このカードリーダーは貸し借り可能ですが、値段的にはさほど高価なものではありません。一方で、読み込んだ電子署名データを定款ファイルに入れるためのアプリケーションについては決して安いものではありません。一応誰でも購入することはできますが、これは既に持っている人に使わせてもらうことを考えたほうが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *