電子定款が作成されるまで

電子定款とは、紙の書面で書かれたものを電子化したものです。

定款とは、会社設立する際の会社のルールや規則を記入したものです。これを公証役場に持って行き公証人による承認を受けなければなりません。インターネットでの手続きで終わりではありません。電子定款にするには道具と作成方法が必要になります。必要な道具は、ICカードリーダライタとAdobeAcrobatStandardと住基カードと電子証明書が必要になります。

AdobeAcrobatStandardは高額の費用がかかりますので、機器を揃えるところから始めないといけない場合にはあまり得ではないかもしれません。これらの機器がある方で定款に関して勉強中の方は電子定款の作成にチャレンジしてみるのも良いでしょう。作成する場合は作成手順を把握して作成に取り掛かりましょう。紙の定款が無い場合は、まずは定款を作成します。wordを使用して定款を作ります。

電子定款を作成するにはこの定款の原稿を、PDFに変換をする必要があります。変換ソフトは、AdobeAcrobatしかありません。変換したpdfファイルに電子署名をつけます。この電子署名をつけるには、電子証明書の認証が必要になります。電子証明書の申請をするために住民基本台帳カードが必要になります。

電子証明書を取得したら、それを発行するための機械が必要です。これが、ICカードリーダライタで持っていなければ費用がかかります。最後にICカードリーダで読み取った電子証明書を電子署名プラグソフトを使用してPDFの定款に埋め込んで電子定款の作成は終了になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *