電子定款のメリットとは

会社設立の際には必須とされる定款ですが、これは電子的に作成することが認められており、電子定款と呼ばれています。

定款は会社の基本的事項を取り決めたもので、作成者の意図しない変更や追加が勝手に行われるようでは困りますから、電子的に作成するといっても単なるワードファイルのようなものではいけません。書き換えが不可能になるようにPDFファイルとすることが必要です。ただ、PDF化すればそれで良いかというと実はそうではありません。

紙の定款に印鑑を押すように、電子定款には電子署名を挿入することが求められています。つまり、電子署名を挿入できるようなPDF用アプリケーションを利用する必要がありますが、このようなアプリケーションはそれほど一般的ではありません。少なくとも一般のパソコンにデフォルトでインストールされているようなものではありませんし、PDF閲覧ソフトのように無料で入手できるものでもありません。

電子定款にすることで、紙の定款の場合には必要とされていた4万円分の収入印紙が不要になるというメリットはあるのですが、このアプリケーションのことを考えるとさほど大きなメリットにはならないかもしれません。市価としてそれくらいの値段はするからです。ですが、このアプリケーションは必ず自分で用意しなければならないものではありません。定款の作成や作成支援を専門としている人であれば既に持っているでしょうから、それを使わせてもらうようなことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *