合同会社の設立の際に必要な電子定款はどんなものか

合同会社を設立する際、会社設立の目的や住所、商号、所在地などを記載した定款は、2004年度まで紙で作って役場で認証を受けるという方法でしたが、今日ではCD-Rなど電子媒体で作った電子定款も認証を受けることができます。

その手続きはインターネット上ではなく役場で行います。4万円の収入印紙については必要ありません。電子媒体は文書ではないので印紙税がかからないというわけです。この電子定款を自分で作る場合、PDF作成ソフト代が4万円ほどかかります。行政書士などに依頼すればソフト代はかかりません。また、行政書士などは疑問や不安に対して丁寧に応えてくれるでしょう。

電話やメールでも相談に乗ってくれます。具体的な電子定款の作成方法については先ず従来通りパソコンなどでその文章を作ります。次に作ったものを公証人に確認してもらい、何も問題がなければPDFに変換して電子署名してください。それを役場に送りましょう。会社を設立する都道府県にある、PDFファイルに対応している役場であれば何処でも受け付けてもらえます。

受け付けてもらった電子定款のPDFファイルと認証文のデータファイルは役場に保存されます。署名した電子定款をプリントアウトし、製本を2部用意してください。用意したものを役場に持って行きましょう。自分で作って役場で必要な手続きをして認証を受けるより、行政書士など専門家に代行してもらった方が良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *