電子定款を作ってもらう方法

定款がなければ会社を設立する事ができないので注意しておきましょう。

定款には会社のルールや事業目的を書くのですが、特に事業目的は重要です。書かれていること以外の商売は基本的にできません。通常定款は書類作成をして公証役場に提出を行いますが、その場合印紙代が発生するのがネックです。料金は4万円程度で初期のみ発生する費用と言えます。少しでもコスト削減をしたいときには電子定款を使うのが理想的です。こちらは通常書類の定款を電子化するもので、専用のPDFファイル作成ソフトを使います。

電子化するため印紙代がかからないのがメリット、4万円は必要ないです。ただ電子化するために必要になるコストがあるので注意しておきましょう。PDFファイルを作成するにはパソコンや専用ソフト、カードリーダーが必要です。総合計すれば10万円近くかかってしまうので結構大変と言えます。電子定款認証を節約するためには専門の会社設立代行業者に依頼するのが良いです。

こちらは変わりにPDF化を行ってくれるのがメリットなので簡単に電子定款を作ってくれます。利用金額は業者により違いますがほとんどは1万円程度で制作してもらえるのがメリットです。自分で作るよりもかなりお得な内容となっているので検討してみましょう。近場に業者がいない場合でも最近はインターネットを介して依頼をできるサービスがあります。こういうサービスは全国規模で対応してくれるのがメリットなので使い勝手がいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *