電子定款の準備と作成の流れ

会社設立のためには、定款(会社名や目的、住所などを定めたもの)を公証人役場に出しますが、紙で提出すると4万円の収入印紙を貼らなければいけません。

この費用を節約するには電子定款を作るという方法があります。ただし、作成用の機材やソフトが必要になりますので、以下をお読みになって紙か電子かを選択する際のヒントにしてください。準備するのは「パソコン」「電子証明書」「ICカードリーダーライタ」「PDF作成ソフト」です。電子証明書はマイナンバーカードに標準搭載されていますが、使用するには手続きが要りますので、カードと印鑑を持って住民票の住所にある自治体の窓口で取得します。

費用はかかりません。ICカードリーダーライタはどのタイプのものが使用できるのか、あらかじめ自治体などに確認してから購入します。PDF作成ソフトは無料のものから有償のものまで色々とありますが、電子署名を入れられることが必要です。準備ができたらまず定款の作成です。紙で記入する際と同じ内容をテキスト作成ソフトで入力し、これをPDFに変換します。次は定款に電子署名(代表者のサインと印鑑の電子版)を入れます。

法務省の申請用総合ソフトとPDF署名プラグインおよび電子証明書を利用するためのソフトをダウンロードしてください。ICカードリーダライタをパソコンに接続し、これらのソフトを使って電子証明書が入っているマイナンバーカードを読み込みます。電子署名を入れ終わったら、電子定款の作成は終了です。最後に申請用総合ソフトを使って電子定款を送信してください。電子定款の認証の受け取りはインターネットではできません。公証役場へ直接出向いて受け取ります。そのときにいくつか必要となる書類や費用等が発生しますので、事前に確認しておいてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *