電子定款の作成に必要な準備

電子定款は会社の設立にあたって必要になる定款を電磁的記録として作成したもので、具体的にはPDFファイルの形式をとっています。

この電子定款もこれまでの定款とは内容的にそれほど変わるところはありませんが、作成にあたっていくつか必要な準備があることは覚えておかなければなりません。この準備は法令に規定されている要件を満たすという意味でも必要になることがありますので、せっかく作成した電子定款が無効にならないようにするためにも、よくチェックしておきたいところです。まずはワープロソフトで編集をした定款をPDFファイル形式にするためのPDFソフトが必要ですが、これは電子署名を付与することができるものに限るため、従来からある有償の専用ソフト、または電子署名対応の最新バージョンの無償ソフトを選択します。

また電子定款には紙の定款への署名の代用としての電子署名を付与することが必要なため、この電子署名の前提となる電子証明書入りのマイナンバーカードと、電子証明書を呼び出すことができるICカードリーダーライターという装置も用意しておきます。

ICカードリーダーライターをパソコン上で動作させるためのアプリケーションソフトと、公的個人認証サービスのプラグインなどもインストールしておく必要もあります。これらの電子定款を作成する上での事前準備にあたっては、機器の購入代金や手数料として、いくらかの費用がかかることがありますので、その点も考慮します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *