電子定款はすでに主流になっている

従来の紙の定款は徐々に利用されなくなり、現在は電子定款のほうが主流となっているようです。

紙の定款でかかる印紙代の4万円を節約できるという点がとても大きいからでしょう。紙の形式か電子の形式かという違いがあるだけでその内容にはなにも違いがありません。法律によって契約書などには印紙を添付しなければならないとされています。電子定款は電子の形式なので「書類」には該当せず、印紙代が不要。このように電子定款が税金面でも優遇されていることにはオンラインによる申請を普及させたいという国の意向もあるのかもしれません。人件費などの節約にもなります。

電子定款を利用することで4万円が節約できますが、まるまる4万円の節約になるという人は少数派でしょう。なぜかというと、PDF編集ソフトやICカードリーダライタが必要になるからです。これらをすでに持っているという人はいっさいコストがかかりません。まだ持っていない人は揃える必要がありますが、普通に購入していたら4万円よりも高額になってしまいます。月額プランを利用するなど工夫をすれば数千円に抑えることができるでしょう。

すでに必要なソフトや機材がそろっているという人を除けば、税理士などの専門家に作成を代行してもらうほうが一般的です。その場合にかかるコストは1万円前後ですが、それでも4万円が節約できるのでメリットになります。このように印紙税がかからないという税金面での優遇があることで、ますます電子定款が主流になっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *